January 9, 2017

LITTLE SUNSHINE


LITTLE SUNSHINEは ロングパイルツイスト製法でつくられています。
タオルは
1.糸の選び方、織り方(設計)
2.染める方法
3.洗いこむ方法
で、違いがでてきます。

左の白いタオルはロングパイルツイストではないパイルがねじれていないタオル、
右はパイルがねじれているLITTLE SUNSHINE。


ロングパイルツイスト製法は、それぞれの工程をひとつづつこだわって試作を繰り返し、最良のバランスを実現しました。

1.撚り(より)をかけた糸でタオルを織る。
2.織りあげたタオル生地を細かい穴のあいた円筒に何重にも巻き、
  染料の入ったドラムに浸け、 圧力をかけることにより
  円筒の内側や外側からむらなく染まる、という
       ホットマン独自の「ビーム製法」。
3.表面のパイルがねじれて紐状になるまで繰り返し長時間洗いこむ。

ロングパイルツイスト製法でつくられたLITTLE SUNSHINEは
ねじれた紐状のパイルが表面積を増やし、バネのように伸縮し弾力があるので、
拭き心地がよく吸湿性に優れ、乾きやすいのが特性のタオルです。

 








LITTLE SUNSHINE はホットマン株式会社で作られています。
LITTLE SUNSHINEはホットマンの独自認定「1秒タオル」の認定を取得しています。






LITTLE SUNSHINEのタオルは店頭で触った時が一番かたい状態ですが、
お洗濯を重ねる度にねじれたパイルが弾力をもつので
どんどんふかふかな感じになっていきます。